真実のみを、血眼で
私は真実のみを、血まなこで、追いかけました。
私はいま真実に追いつきました。私は追い越しました。そうして私はまだ走っています。
真実は、いま私の背後を走っているようです。笑い話にもなりません。

太宰治

なんだか分かるようでわかんないような文章です。しかしどことなく惹きつけられるような気がするのは深読みするのが好きだからかしら?

とりあえずこの文章がいったいどこに出てくるのかが知りたいです。青空文庫の太宰作品のを片っ端から読むしかないのだろうか、、、、と思ったら見つかりました。碧眼托鉢です。私の俗物的な頭でははっきり言って何を言っているのか分かりません。もうちょっと知識をつけてから出直します、、、、
[PR]
by superdarling99 | 2005-12-02 15:43 | 今夜も何処かで名台詞
<< 家賃滞納 中国語のテストが終わりました! >>