某北国の大学に通う日本人による日常と海外ドラマ(特にCSIとHOUS)や心に留まった情報を書き留めるサイト。ネタバレ多。たまに女性向発言あり。ついでにリンクフリー、コメント歓迎です。
by superdarling99
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ:映画( 112 )
666は悪魔の数字
悪魔の人形。あっ、クマの人形。
悪の十字架。開くの10時か…。

というネタがありましたが、今日はオーメン劇場公開日です。私はあまり見たくないのです(怖がりなので…)が、友人がどうしても見たいらしいので見るかもしれません。
[PR]
by superdarling99 | 2006-06-06 21:26 | 映画
EVITA ★★★☆☆ テーマソングが素敵
EVITAを見ました。


あらすじ

実在したアルゼンチンの大統領夫人の生涯をミュージカル形式で描いた作品。


感想

Don't cry for me argentinaが聞きたいがために借りてきたEVITA。なかなか良かったのですが、ほぼ全編を通して歌いっぱなしというのはちょっとつらい物がありました。4曲ほどいい曲があったのですが、それ以外は微妙でした。あまりうまくない曲でミュージカルをされると非常につらいんだということを改めて認識しました。それ以外はまずまず。あと衣装がかっこよかったです。


評価

星3つ。テーマソングを聴くだけでも価値はあるかもしれません。一番最後のDon't~はちょっと感動でウルッときたぐらいです。
[PR]
by superdarling99 | 2006-06-06 01:33 | 映画
真珠の耳飾りの少女 ★★★★☆ 本物に見えてきます
真珠の耳飾りの少女。フェルメールによる同名の絵画を主題に書かれた小説の映画版。


あらすじ

貧しい家庭に生まれ育った少女フリートは画家、フェルメールのもとで下働きをすることになる。そこでフリートは持ち前の機転のよさと芸術性をフェルメールに見出され、またフリート自身もフェルメールに惹かれて行く。


感想

素晴らしい映画でした。映像は絵画のようだしまるでNHKBS放送のドキュメント番組のようなクオリティでした。台詞はどちらかというと少なく静寂な印象ですが、目、表情、手の動きで感情を表現していて素晴らしいです。特に主人公を演じたスカーレット・ヨハンセンの演技は素晴らしいです。映画の最後には彼女が『真珠の耳飾りの少女』にしか見えなくなってきます。
画面からそこはかとなく漂うエロス。そしてフェルメールの世界。本物の絵画を見たくなってしまいました。ちょっとラストが弱いかと思いますが、それでも良い映画でした。


評価
星4つ。ドキュメンタリー映画系がお好きな方に特にオススメです。


リンク

フェルメールについて個人的に研究されている方のブログです。興味がある方はどうぞ。
[PR]
by superdarling99 | 2006-06-02 22:59 | 映画
約三十の嘘 ★☆☆☆☆ キャストはゴージャスなのに
約三十の嘘。

あらすじ

嘘発、幸せ行きの旅は、どこへ着くのだろう?
映画「約三十の嘘」の原作。6人の詐欺師チームが3年ぶりに再結集。寝台特急トワイライトに乗り込み、北海道へ。仕事は成功するが、大金の詰まったスーツケースが消えた。そこから明らかになる人間模様とは・・・・・・。(Amazonより)


感想

恋愛映画だと思えばまだ我慢ができます。
登場人物が詐欺師という設定で面白そう、というか椎名桔平が出ていたから借りてみたのですが、全然詐欺をしていません。してはいるのですが、詐欺をしたシーンはまったく映らずにかなり序盤でお金を手に入れたシーンに移ります。その後色々あるのですが、結局一人を除いて全員中途半端です。折角の「ひとつの嘘のためには、三十の嘘を用意しなさい」というワコンの言葉も生かせてません。キャラクターは悪くなかっただけ残念です。
最後に、目の周りのクマが垂れていなくて並行にあるパンダのゴンゾウ。色々キャンペーンしていたわりには映画で一瞬、しかも着られていない状態でしか出てきませんでした。非常に残念です。


評価

星1つ。折角面白い設定なのだからもっと詐欺をしているところを移してほしかった。
[PR]
by superdarling99 | 2006-06-02 22:40 | 映画
アレキサンダー ★★☆☆☆ 端折り過ぎ
以前から少し気になっていたアレキサンダーを借りてみました

内容

紀元前356年、マケドニア(現在のギリシャ)の王の息子として生まれ、20歳で王に即位。32歳で急死するまで東方へ侵攻し続けたアレキサンダーの生涯を、オリバー・ストーン監督が、破格のスケールで再現していく。両親の確執や父の暗殺などで心に屈折感を抱えながらも、征服欲に燃えるアレキサンダーは、過酷な戦いや臣下の裏切り、自らの体力の限界も乗り越えながら、ついにインドまでたどり着く。(Amazonより)


感想

アレキサンダーが同性愛者ということは知っていました。というかあの時代愛というものは男性間でのみ発生するものだったらしいですので、まぁ仕方が無いと思っていたのですが、予想外なことに奴はバリホモでした。美しい女性はスルー。そして美しい青年はいつの間にか寝室にいたりします……普段は寝るときはパジャマのようですが、ばっちこーい!な夜はマッパのようです。マッパ。
それはさておき、偉大な王なだけあって成しえた偉業も星の数ほど。たかだか3時間ほどの映画では収まりきれず、当然端折る結果に。かなり飛び飛びの無理のある結果に。ただ制作費200億円かけているだけあって都のシーンは綺麗です。あと俳優人も豪華だったんですけども、どうも主人公の顔が気に食わない。そして主人公の奥さんの顔が気に食わない。さらにアンジェリーナが母親という時点でどうかと思いました。というのも私は何故かアンジェリーナは主人公の恋人か何かと思っていたからなのですが、、、


評価

星2つ。ちょっと戦闘シーンの長い伝記映画だと思えば許せなくも無い…かもしれません。でも楽しくはないです。
[PR]
by superdarling99 | 2006-06-02 22:24 | 映画
TROY  ★★★★☆ ショーン・ビーンVV
あらすじ

トロイとスパルタの確執の歴史に幕が下ろされようとしていた時、トロイの王子パリス(オーランド・ブルーム)はスパルタの王妃ヘレン(ダイアン・クルーガー)と恋に落ちた。それが後に史上最大の戦いを引き起こすこととも知らずに。トロイ軍の総大将ヘクトル(エリック・バナ)は祖国のため、アキレスを中心としたギリシャの大軍と戦うことになるのだが・・・。(ワーナーより)


登場人物

アキレス   : 不死身の半神半人。激ゴーイングマイウェイ。(ブラッド・ピット)
パリス     : トロイの王子。美貌は凄いがおつむは弱い。(オーランド・ブルーム)
ヘクトル    : パリスの兄。非常に優秀な軍人。(エリック・バナ)
ヘレン     : 美貌の人。でも男を見る目が無い、と思う。(ダイアン・クルーガー)
アガメムノン  : ギリシャの王。王の中の王。きっと我侭。(ブライアン・コックス)
オデュッセウス: イタケという小国の王。ギリシャの参謀。アキレスの友人。(ショーン・ビーン)


感想

ショーン・ビーンが美味しい。なんでもっと早くみなかったんだろう?死なないショーンなんて珍しい!とりあえずオデュッセウスのナレーションで始まります。そして冒頭にてパリスがヘレンを誘拐。

(宴会を抜けてヘレンの部屋に忍び込むパリス)
ヘレン「あなたは今日此処にいるべきじゃないのよ」
パリス「じゃあ昨日は?」
ヘレン「昨日もよ」
パリス「じゃあ一昨日は?」

若いっていいですねぇ…そしてその後へレンを誘拐したことを兄ヘクトルに告白。

弟「僕のことを愛している?兄さん。」
兄「前回お前がそんな顔をしたのは父の馬を盗んだ時だ…」

分かり合っちゃってるよこの兄弟。その後戦争始まります。アキレス登場のシーンではアキレス半裸です。ものすごいナイスバディです。とりあえずアガメムノンと仲が悪く「奴の手綱を握れるのはあの男だけだ」と言われてオデュッセウス登場。アキレスに矢を射られて「おいおいえらく手荒な歓迎だな…」ってスカート短っ!!

アキレスには従兄弟がいるのですが、従兄弟と言うより弟のような感じです。アキレスは従兄弟、オデュッセウス、腹心の部下以外にはあまり懐いていないようです。余談ですが、母親の作ったネックレスをつけているところからそれなりに母親に愛があるのではないかと思われます。

さて、此処からはネタバレです。
アキレスは母(?)から「お前は戦争に行かなければ結婚し、子を残すだろう。だが、お前の名は歴史に残らない。そしてお前がこの戦争に行けば死ぬ。だがお前の名は歴史に何千年も残るだろう。」そして結局アキレスは戦争に参加する道を選ぶことに。その後ヘクトル、パリス兄弟の従兄弟である女性に惚れます。そして色々あって従兄弟がヘクトルに殺されます。そしてアキレスは復讐にヘクトルを殺します。その後彼女をトロイに返しますが、トロイの木馬作戦で城内に侵入した時、パリスにアキレス腱を矢でいられ死亡。その後オデュッセウスがアキレスの遺体を燃します。そして最後にオデュッセウスのナレーションが「私はアキレスの時代を生きた…」となって終わりです。


評価

星4つ。『それは史上最大の「愛」のための戦い』というキャッチフレーズですが、うーん…どうだろう?愛?あれは愛か?確かに恋愛、兄弟愛、親子愛、親愛、と色々あった気はしますが、うーんまぁ確かに愛の戦いかな?恋愛というより兄弟愛だと思います。あのアホ王子パリスが敵国の妻を盗んだと判明したときに弟の命を犠牲にすれば戦争を防ごうと思えば防げたのだから、この戦争は結局のところ兄の弟に対する愛が引き起こしたのかなぁと…なにせ映画ではちゃちゃっと終わったように見えますが、実際では10年程続いたわけです。なまじっかな愛ではできませんものね。2時間43分もあったなんて全然気が付かないほどでした。ホメロスの「イリアス」、「オデュッセイア」を読んだことのない人にはちょっと分かり難いかもしれません。
[PR]
by superdarling99 | 2006-05-07 20:30 | 映画
今更ですが、TROY見ました
先日ようやくTROYを見ました。周りが野反応がいまいちだったので、あまり期待せずに見たのですが、なかなか面白かったです。弟王子パリスの愚かさ加減に呆れましたが、ブラピ演じるアキレスも悪く無かったです。ただ、パリスとヘレナ(でしたっけ?あのアガメムノンだかなんだかっていうギリシャの王様の弟の妻)が感情移入できないほど愚かでちょっとどうかなぁ…と。

しかしショーン・ビーンは良かった。今度また感想文でも書きます。たぶん。
[PR]
by superdarling99 | 2006-05-06 12:54 | 映画
サイレントヒル ★★★☆☆ 後半がいまいち
ネタバレないあらすじ

ローズ(ラダ・ミッチェル)とクリストファー(ショーン・ビーン)は、赤ん坊の頃に養女として引き取った娘・シャロン(ジョデル・フェルランド)の奇妙な言動に悩んでいた。ふだんは愛くるしい9歳の少女であるシャロンは、しばしば情緒不安定に陥り、何かに取りつかれたかのように「サイレントヒル……」と謎の呻き声を発するのだった。そんなシャロンの異変に心を痛めたローズは、ウェストバージニア州にサイレントヒルという街が実在することを探りあて、シャロンを連れてその街を訪ねることにする。サイレントヒルは30年前に大火災が発生し、無数の人々が死亡した忌まわしい事件により、今は誰も近付かない、廃墟と化した街だった。携帯電話で連絡してきたクリストファーの制止をふりきって、サイレントヒルへと続く狭い山道をゆくローズ。しかし不意に路上に飛び出してきた少女を避けようとした彼女は、車ごと山腹に突っ込み、そのまま意識を失ってしまう。夜が明け、目を覚ましたローズはシャロンの姿が消えていることに気づく。あたり一面、霧に覆われた道を歩き出した彼女は、「サイレントヒルへようこそ」と記された看板を発見し、まったく人気がなく、不気味なまでに静まり返った街の中へと足を踏み入れる。やがてシャロンらしき子供のシルエットを目撃したローズは、その影を追って、街の中をさまよい始めるのだが……。(公式サイトより)サイレントヒル(Silent Hill)公式サイト(日本語)


ネタバレ感想(すごいネタバレは反転)

冒頭は公式サイトのあらすじ通りです。その後奥さんはサイレントヒルでひたすら娘を探します。とりあえず旅の仲間1としてローリー・ホールデン演じる女警官が仲間になります。しかしこの方、警官がこんなにセクシーでいいのだろうかと思うほどナイスバディーです。凄いです。しかもいい人だ。クリーチャーに向かって銃をぶっ放している姿すら非常にセクシーです。その後旅の仲間2が出てきて3人行動に。しかしこの時点でかなりのクリーチャーが出てます女警官が殺したあのクリーチャーは不気味なことこの上ないのですが、それよりもゴキブリみたいなクリーチャーに人の顔が付いていたような気がするのは私だけでしょうか?悪夢を見そうです。しかし三角バケツを被った串刺しクリーチャーはそのルックスがむしろ笑いを誘いました。むしろ癒しの空間?案外クリーチャーの種類自体は少ないです。

さて、クリーチャー話はこのあたりにして、パパショーンに注目してみましょう。とりあえずぬれるショーン。マスクをしてるショーン。ソファーで寝てるショーンあたりが注目ポイントだと思います。ショーンは奥さんと子供をさがしているわけですが、結局映画の最後まで会えません。おまけにあの終わり方じゃ、、、、とりあえずショーンに注目すると奥さんを探してサイレントヒルに。土砂降りの中途中で警官と合流。このときに着ているのがバーバリーのコートなのでしょうか?よく分かりません。ところでこの警官はショーンに気があるのでしょうか?やたらにからむからむ!手錠プレイも楽しんでいますが、テクテク近づいていってショーンの顔をそっと両手で包み込んだときは思わずチューするのかと思いました。実際はただ単に落ち着かせてマスクをさせただけですが。ちょっと一人で静かに動揺してしまいました。ついでにこの人黒の皮手袋をしていたのでなんか気になるなぁと思っていたら案の定手のひらに30年前の事件がらみの火傷をしていました。って事はこの人案外年なのか?とりあえず警官と共にその後ひたすら探すが見つからず家に帰ります。

そしてここで奥さんに戻ります。奥さんはシャロンそっくりの女の子が残した手がかりを順調に追って彼女に何が起こったのかを知ります。(このあたりは日本公開までかなり時間があるので内緒にしておきます。)そしてサイレントヒルの住人に魔女として火あぶりにかけられそうになってしまいます。そしてこの後はひたすらスプラッタタイムです。ベッドから伸びる有刺鉄線がサイレントヒルの住人を串刺し、切り裂き、みじん切り…えぐいえぐいえぐい!えぐーい!

さて、エンディングですが、この終わりかただとたぶん続編がでたりするんじゃないかなぁ…とかって言ってみます。うふふ。


評価

星3つ。とりあえずホラーというよりサイコスプラッタでした。そして奥さん運動神経かなりいいです。前半はいいんですが後半がちょっと思っていたものとかなり違っていたのが残念でした。そしてショーンも思ったより出てきませんでした。これまた残念。
[PR]
by superdarling99 | 2006-04-30 00:01 | 映画
Silent Hill見ました
愛しのショーン・ビーンを見るためにホラーが苦手なくせにサイレントヒルを見てきました。大画面で、大音量で、、、、、、

さて、感想ですが、ホラーというよりスプラッタでした。本当血の海ができそうです。そのうち感想を載せます。が、本当に本当にスプラッタでした。
[PR]
by superdarling99 | 2006-04-29 08:04 | 映画
明日は試験だというのに
「レッドドラゴン」を見てしまいました。

やっぱりレクター博士はセクシー。この映画途中までは好きなんです。何故かというと後半に出てくる犯人が嫌いだから。一言で言うと魅力が無い。思考も行動も優雅じゃないおまけに理解できない。こいつさえいなければいいのに、、、、といつも思います。

詳しいレビューは機会があれば後日アップするかもしれません。
[PR]
by superdarling99 | 2006-04-24 16:52 | 映画