某北国の大学に通う日本人による日常と海外ドラマ(特にCSIとHOUS)や心に留まった情報を書き留めるサイト。ネタバレ多。たまに女性向発言あり。ついでにリンクフリー、コメント歓迎です。
by superdarling99
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Vフォー・ヴェンデッタ ★★★★☆ カッコイイのに可愛い、そして少し悲しい
Vフォー・ヴァンデッタ(原題:V for Vendetta)を見ました。

あらすじ

政府の厳しい管理下におかれた民衆の1人であるイヴィー(ナタリー・ポートマン)。Vと呼ばれる仮面の男(ヒューゴ・ウィービング)に出会った事を境に彼女の人生は変わる。ウォシャウスキー兄弟が贈るアクションオペラ。


感想

ナタリー・ポートマンが坊主頭になった事が有名なこの作品ですが、非常に楽しめました。アクションは少なくごくまっとうな政治物ですが、恋愛もあります。というか私は恋愛物として見てました。シーンごとに使われる音楽がとても感動的で、またロマンチックです。ついでにマトリックスチックなアクションも多少あります。ですがこの映画の見所はそこではないでしょう。
ところで(ネタバレ→Vはゴードン(イヴィーの上司)は間に合わなくて処刑されたといっていたのに最後の国会議事堂が爆破されるシーンでいましたね。ついでに最後のほうで手紙を書いたヴァレリーの彼女が回想として一瞬鏡越しに映ったとき男性のように見えたのは気のせいでしょうか…ヴァレリーの彼女は男装の麗人ですが、一瞬ゴードンさんのようにみえたんですけど…というかゴードンとVの関係は何かあるのでしょうか。あの個性的で美味しそうな目玉焼きパンといい同性愛者であることといい、実はVはゴードンさんの恋人だったりして。ヴァレリーもVで始まりますし、実はヴァレリーはVかもしれません。なにせ自分のことを覚えていないというくらいなのですから、自分で書いた事を忘れてそれを隣の独房の女性が書いたと思い込んだのかもしれません。実は似たような事を誰かが何処かのブログで言及していたのですが、どこか忘れました。(私信:Mさんだと思ったのですが記事を見つけられませんでした。))あと、些細な事ですが炎の中から出てくるVのシルエットがものすごくマッチョで笑えます。


評価

星4つ。いい映画だと思います。仮面を被っているのに喜怒哀楽が伝わってきます。その点ではオペラというより能のようでした。個人的な問題ですが、仮面で声がくぐもったのとイギリス英語で聞き取りにくかったです。

Vフォー・ヴェンデッタ公式サイト
[PR]
by superdarling99 | 2006-12-27 08:42 | 映画
<< オカリナ・コカリナ きっと彼(カメラマン)は彼(ビ... >>