某北国の大学に通う日本人による日常と海外ドラマ(特にCSIとHOUS)や心に留まった情報を書き留めるサイト。ネタバレ多。たまに女性向発言あり。ついでにリンクフリー、コメント歓迎です。
by superdarling99
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
CSI 701 Built to Kill Part 1
CSI 701 Built to Kill Part 1。主任の髭がない。サーカスは華やかですね。しかし金持ちってわからん…





事件 1 サーカスのステージで死体発見。

身元不明の女性がステージの上げ下げに使われる大型の油圧式ポンプ(空気式かも…)に挟まれて圧死。現場にはAFDのイニシャルのネックレス。

監視カメラの映像から男女2人組みがステージに忍び込む様子が映っている。ステージ下で女性がポーチを落とす様子が映るが見当たらない。再現するとポーチは演出に使われる砂(に見えるが粉砕コルク)に埋もれていた。結果女性の身元判明。

被害者、シエラが最後に会ったのはクリフトンという男で、彼がサーカスのチケットを購入。シューフィッター?。「彼女がステージ裏に行きたいというので付いていったら何かにぶつかって落ちていった」と証言。その後はパニックで通報もしなかったらしい。


事件 2 ホテル爆破イベントでの自殺?殺人。

死んでいた男、ロバートは爆破跡地に新しく建つ予定のEclips(カジノと思われる)の関係者。銃で頭を打ち抜き死亡。手から銃を取るとき助手が誤って銃を発射。怪我は無かったけど危ないですね。ロバートの同僚ジョンに話を聞くと、彼は銃を持っていなかったらしい。なお、ジョーはストレスのせいでアルプラゾラム(精神安定剤)を使用している。

助手が頭の穴にテープを張るのを忘れて死体は血だらけ。そのおかげで体に付着した硝煙が流れてしまったかも知れないとドクターはお怒りモード。弾の角度からして恐らく口に銃を突っ込んで撃ち抜いたと思われる。口内には何故かゴマが残されていた。また、血中からはアルコールとアルプラゾンが検出された頃により死亡時はハイだったと思われる。

ロバートが使用した銃はジョーのの物と判明。そしてロバートが死亡した事により契約金は全てジョーの物に。金目当ての犯行か?

ロバートのトランクにはなぜか鍋掴みが。そして内側にはゴマが…どうやら銃を鍋掴みに入れて持ち込んだらしい。しかしロバートのズボンを調べるとゴマが見つかる。

結局彼は自殺と判明。ジョーは彼の遺品である指輪を受け取る。指輪はペアリングで彼らが恋人だと判明。


事件 3 キャサリン

事件が解決したキャサリンとニックはバーで飲み&ダンス。グリッソムも誘ったらしいが来るかどうか…ニックは知り合いの女性を見つけて仲良くダンス。キャスはその間カウンターでカクテルを飲むが様子がおかしい…

気が付くとキャサリンはモーテルのベッドの上に裸で1人。何も盗まれた物はなさそうだが…とりあえずキャスはCSIに一旦電話するも結局は切ってしまう。そして自分の爪を切り(犯人に抵抗した場合爪の間に相手の皮膚がつまるから)、タンポンを使い精液を回収。その後シャワーを浴びる。



事件 4 ?

部屋には男の死体が。現場には殺人現場とそっくりなミニチュアが…部屋の内装、死体のポーズ、完璧に再現されている。


感想

事件が多すぎてイマイチ消化不良。続き物なのですが、はっきり言って続きものにする意味が分かりません。事件1,2、と3,4は別々のエピソードでも良かったのでは?それにしてもキャサリンが見ていて辛かった。おのれ犯人め!
[PR]
by superdarling99 | 2006-09-22 11:57 | CSIエピガイ
<< 海外ドラマエピガイを整理しました CSI:NY 301 Peop... >>