某北国の大学に通う日本人による日常と海外ドラマ(特にCSIとHOUS)や心に留まった情報を書き留めるサイト。ネタバレ多。たまに女性向発言あり。ついでにリンクフリー、コメント歓迎です。
by superdarling99
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ANTITRUST ★☆☆☆☆ 悪くは無いけど良くは無い
友人が6ドルで買ったANTITRUSTを見ました。「たぶん駄作だと思うんだ」といっていた割には面白かったです。ただ、なんていうか中学生が作った映画のような、そんな青臭さというかそんなものを感じました。巨大悪と戦うヒーロー(もれなく美女がついてくる)願望がそこかしこに見えます。というかそれしかない…


あらすじ

プログラミングの天才Miloは友人Chin(?)とともにオープンソースのグローバルネットワークプログラム作る事を生きがいとしている。ある時、彼らの才能に目を留めた巨大コンピュータ会社NURVの社長Winstonは彼らをスカウトする。願ってもいないチャンスにMiloは飛びつくが、オープンソースであることに拘るChinは独占法違反スレスレのNURVには就職しないと断わる。そんなある日、Chinが暴漢によって殺される。だが、ただ殺されただけではない。彼はその存在が邪魔になったNURVによって殺されたのだ。


感想

Antitrustとは独占禁止法です。独占禁止法とコンピューターといえばご存知Mクロソフト社です。モデルはあの会社になっているようで心なし社長も彼に雰囲気が似ています。なお、どうでもいい情報ですが、主人公役のライアン・フィリップはリース・ウィザースプーンの彼氏です。
感想。思ったとおりに主人公の彼女は裏切り者で、でも彼を愛していて最後には彼のために会社を裏切りました。そして思ったとおりに彼女も裏切り者でした。ただ、あそこでセキュリティの人が出てくるとは思いませんでした。もっとも弾けてたで賞はこの人に送りたいと思います。


評価

星1つ。あまりにもシナリオが幼稚すぎます。
[PR]
by superdarling99 | 2006-09-04 15:10 | 映画
<< 英国スパイのファッション雑誌に... マックシェイクにハリネズミ >>