某北国の大学に通う日本人による日常と海外ドラマ(特にCSIとHOUS)や心に留まった情報を書き留めるサイト。ネタバレ多。たまに女性向発言あり。ついでにリンクフリー、コメント歓迎です。
by superdarling99
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
昨日の話ですが、パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(日本語公式サイト)を見ました。三部作の第二部らしく、思いっきり「つ・づ・く」といった感じの終わり方でした。続きは来年だそうですね。いやん。

というわけで思いっきりネタバレな感想です。


あらすじ

前作で、不死身の海賊バルボッサからブラックパール号を奪い返した孤高の海賊=ジャック・スパロウ。自由な大海原に船出したはずの彼の前に、逃れられない宿命が立ちはだかる。それは、今から13年前のこと―ジャックはブラックパール号の船長となるため、自らの魂を引き換えに、船乗り達が最も恐れる[深海の悪霊]デイヴィ・ジョーンズと[血の契約]を交わした・そして今、その”契約期間”は終わり、ジャックの魂を取り立てるため、巨大な闇の力が海底をうごめいていたのだ。”悪魔の裏もかくことのできる男”といわれたジャック・スパロウだが、今度こそ彼の命運は尽きようとしていた…。(公式サイトより)


感想

しょっぱな何故かドレス姿のエリザベス(キーラ・ナイトレイ)が何故か雨の中ずぶぬれで立ってます。どうやら結婚式なのに相手が現れません…何故なら新しい提督がウィルとエリザベスを「ジャックを逃した罪で絞首刑にする」と逮捕状を掲げてやってきたからなんです。ちなみに以前の提督であったノリントン(1でエリザベスに振られた人)はジャック捕獲に失敗して軍籍を追放されているようです。スワン大提督?(エリザベスの父)は何とかエリザベスを逃がそうと新しい提督と取引を交わします「大提督?の権限と東インド会社との貿易の権利」と引き換えにエリザベスを自由にするという取引をします。しかししたたかなエリザベスはそれだけじゃ足りず、ウィルの自由を得るために提督を脅して「ジャックのコンパスと引き換えにウィルの自由を得る」という取引をし、自分は男装をし、商船(軍?)に下働きとして潜り込みます。そしてジャック探しの旅に出ます。ここでエリザベスが囚われていた牢屋にはやはり1でもいた鍵の束を銜えた汚い犬がいます。今回はこの犬が活躍するかと思わせてしません。この犬は相当な売れっ子の犬でものすごく頭がいいらしいです。

ここでのキーポイントは「北を指さないジャックのコンパス」「財宝」「デイビィ・ジョーンズ」「ノリントン」「東インド会社」。

ジャックのコンパスは1でもわかるように北を指しません。では何を指すのかというと…?そしてアステカの金貨よりも価値有る財宝とは?そして消えた消息不明のあまりにも踏んだりけったりのかわいそうなノリントン(マイラブ)は何処へ?なお、デイビィ・ジョーンズとはフライングダッチマンの船長です。船長の名前はオリジナルなのかもしれませんが、船の名前は子供の寝物語にでてくる幽霊船で、ドラマや子供向け番組でも聞いたことがあります。日本で言う「なまはげ」とかの存在に近いかもしれません。「夜更かしするとフライングダッチマンに攫われるぞ」などといって脅したりすることもあるようです。ここでは10年に一度しか陸に上がれない呪いをかけられているようです。とりあえず知名度はかなり高いと思われます。そして東インド会社はご存知香辛料などの貿易を一手に引き受けていた当時最大手の貿易会社です。ちょくちょく出てきます。が、それほど物語的には重要ではないかもしれません。ただ単に財宝の新の価値を知っていてそれが欲しいだけかもしれません。

一方のウィルはジャックを探してあちらこちらの港を彷徨う。「ジャックに伝言宜しくVv」と夜のお姉様にビンタをかまされたりしましたが何とか再会。再会したもののジャックは何故か人食い民族の酋長としてあがめられていて、船の乗組員達と同じようにつかまってしまいます。どうやらその民族では酋長は生き神で、肉体の束縛から解放、つまり焼き殺すことが最大の神に対する献身だと考えられているようです。このままでは全員のみが危ない!というわけで脱出を試みるウィル以下乗組員。脱出の仕方がかなりコミカルです。

その後なんとか逃げおおせたジャック一行は森の魔女(呪い師)に会いに行きます。森というかジャングルなのですが、そこで魔女にジャックが求めている鍵とその鍵が合う宝箱の中味について聞きます。宝箱の中身はなんとデイヴィ・ジョーンズの心臓。そしてその心臓を手に入れた物は海を制することができるのだというではありませんか。ほんまかいな…と思いつつもウィルはエリザベスのために鍵を奪いにデイヴィ・ジョーンズの船へ乗り込むことになります。ジャックに騙されていることを知らないウィルはジャックの魂の取引の代償の代わりにフライングダッチマン(デイビィ・ジョーンズの船)で働くことになってしまうのですが、デイビィ・ジョーンズはどう見てもタコ。しかも足の多いタコ。そして奴の操る怪物クラーケンもたぶんタコ。クラーケンはイカなイメージがあったのだけれどこの映画ではかなりタコっぽいです。気になるのは茹でられてもいないのになんだか仄かにピンクな事。怒ってるからピンクなのかしら?
そしてこの船でウィルは父、ビルと再会します。ビルはこの船に乗ってからしばらくたっているようで、半分化け物です。どうやらこの船に乗っているうちにだんだんと人間の心を失い、化け物と化していくようです。確かにクルーはかなり化け物です。顔がハンマーシャークだったり貝(実はヤドカリ)だったりともはや人間ではないですが、それよりも顔にフジツボやムール貝(しかも生きてる)をつけてるほうがよっぽどえぐいです。あれは見ていて生理的に駄目でした。なのでなるべく焦点を合わさないようにしていましたが…えぐい、えぐいえぐ~い!!勘弁してください。あとイソギンチャクとか…うぅ、思い出しただけで気持ち悪いです。

さて気を取り直しまして、実は前回ジャックが取り返したブラックパール号ですが、どうやらせこいことをしてせしめた物だったようです。自分の魂と引き換えにブラックパール号の船長の座を手に入れたのですが、(といってもそのうち二年間?jはバルボッサに奪われていたわけです)期限切れになったのかなんだかわかりませんが取引相手であるタコ船長が契約通り魂を引き取りにきたようです。そこでせこいジャックは残り3日以内に1000人の魂を引き渡す事で自由を手に入れる取引をかわします。というわけでウィルを除くと残り999人の魂を集めるはめになります。そのために乗組員を募集するのですが、なかなか集まりません。しかしここでエリザベス、ノリントンと再会。ノリントンはかつての姿からは想像もつかないまるで別人のように荒れた姿に…(でもワイルドになってセクシーさUP。以前はストイックなエロスでしたがこれはこれで良し。うむ。)そしてノリントンは結局ジャックの船に乗船することに。一行はウィルを取り戻しにフライングダッチマンを探します。


キーポイントは「」「デイヴィ・ジョーンズの財宝」「オルゴール

オルゴールに注目しているとある人とある人の繋がりが見えてきます。ひょっとしてあの人はあの人のXXだった…?

ここからは怒涛の展開に。というかなんだかやたらと決闘です。鍵を奪ったウィルは色々ありましたが宝箱のある島でジャック達と再会。父を船から開放するために鍵を使い中に入っていた心臓を使おうとするウィルですが、今デイヴィ・ジョーンズに死んでもらうと困るジャックはそれは駄目だと反対し決闘に。自分のために心臓が欲しい(新提督とジャックのコンパスと引き換えに自分の身分を取り戻す取引をした)ノリントンも加わり三人で決闘が、というかただ単にじゃれあっているようにしか見えません。デイヴィ・ジョーンズの追ってからも逃げつつ逃げ惑う一同。(ここもかなり面白いです)皆の目を盗んでうまく心臓を土の入った瓶に隠したジャックは一同と共に逃げます。そしてデイヴィ・ジョーンズと対決するのですが、なんと瓶を落として割ってしまいます。心臓は無事か!?と思ったらなんとその瓶の中には土しか入っていません。実はジャックのたくらみに気づいたノリントンが持ち帰っていたのでした。怒ったデイヴィ・ジョーンズはクラーケンをけしかけます。逃げ切れないと悟ったエリザベスはジャックがクラーケンの狙いであることからジャックを誘惑するふりをし、マストに手錠で縛りつけ置き去りにします。飲み込まれるジャック。彼はいったいどうなるのか!?


キャプテンを失ったブラックパール号の乗組員達はとりあえず森の魔女のところへ行きます。そしてそこでジャックを助ける方法があることをしります。そのためには新たなキャプテンが必要。ということで出てきたのがなんと前作で悪者役だったバルボッサ(リンゴ好きなキャプテン。サルの飼い主)。生きてるし…サルも生きてるんだからそうかもしれないと思ったけどやっぱり生きてました。そしてノリントンはデイヴィ・ジョーンズの心臓を新提督に引き渡します。
といった感じで次回へつづく。


評価

星4つ。笑えました。愛しのノリントン元提督もかなり出てきたしそれだけでも満足です。続編の出来次第で星5個つけてもいいかもしれません。とりあえず意味ありげだった割にはまったくで盤のなかった魔女からぱちった黒い石のついた指輪が気になります。あれが何の役に立つのかわかりませんが、きっとジャックはあれでピンチを切り抜けるはずです。それか心臓を使うときに使えるのかもしれません。
次回予告があるかな?とエンドロール後もじっと待っていたのですが、ありませんでした。その代わり骨をくわえて酋長席に鎮座まします御犬様が…はたして彼はいったいどうなる!?といった続編本編とはあまりにも関係ないワンシーンが流れました。しかしながら天下のデズニーなんでひょっとしたら関係ないと見せかけて関係あるのかもしれません。次回の活躍を期待しましょう。続編はこのメンバーで世界の果て?にジャックを助けに行く話のようですね。
[PR]
by superdarling99 | 2006-07-27 21:42 | 映画
<< レシピ診断 パイレーツ見てきました >>