某北国の大学に通う日本人による日常と海外ドラマ(特にCSIとHOUS)や心に留まった情報を書き留めるサイト。ネタバレ多。たまに女性向発言あり。ついでにリンクフリー、コメント歓迎です。
by superdarling99
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アップルCEO×マイクロソフトCEOやおい小説
世の中にはゲイツとジョブズを同性愛カップルに見立てたウェブ小説なんて物があるそうですね。

ちなみに内容は

ゲイツ氏はジョブズ氏に、「僕は君が必要とするものを持っている」と言う。ジョブズ氏は最初、マック用のソフトウェアのことだと思うが、すぐにゲイツ氏が指しているのはまったく別のものだと気づく。

 その後の展開はこうだ。「(ジョブズが)僕の首筋に鼻をすり寄せ、耳たぶを噛んだ……見ていると彼は自分の机の所へ行き、引き出しの一番上を探った。戻って来たとき、その手にはハンドローションのボトルが握られていた……彼は僕の腰のベルトに手をかけ、チノパンと下着を両方一緒に引き下げた……そして僕の背中を撫で上げると、耳に唇を寄せてささやいた。『ビル、君は童貞か?』」

 「ああ」同性に対してはそうだ。

 「痛くはしないよ」

 小説では、このときのセックスが2人の仲、そしてアップル社とマイクロソフト社の関係を強固なものにする。「僕らはうまくやっていける」と、小説の中のゲイツ氏は小説の中のジョブズ氏に言う。だがこの関係は、ジョブズ氏に信頼を抱かせるための罠に過ぎない。お察しのとおり、ゲイツ氏はこの後、その信頼を利用して彼を陥れていく。
(Hotwired Japanの同記事より抜粋)

だそうで、、、、

意外と面白そう、、、、?

なお、第2作以降ではOSの盗用疑惑をめぐって対立するも二人が情熱的な関係を続けるところが見所らしい、、、、

へー、、、、、
[PR]
by superdarling99 | 2006-01-26 18:33 | 日常
<< DS上位モデル 「ニンテンドー... Laboratoryが止まらない >>